いつから眼鏡はファッションになったのだろう。
トレンドが喧伝され、量産され、消費される。そのサイクルのなかに眼鏡がある。スクラップ&ビルドを前提としたマーケットが幅を利かせ、安価な素材を型に流すだけのインスタントな工程が主流になっている。

かつての眼鏡はそうではなかった。
たとえば在りし日のアメリカには父親の遺した眼鏡が形見となって受け継がれる文化があった。時代を超えて愛用され、歳月を経るごとにむしろ存在感を増していく。それが眼鏡だった。職人たちが一本一本を愚直につくった眼鏡は流行ることも廃れることもない普遍性をたたえていた。

BJ CLASSICは、アメリカンクラシックへの憧れを隠さない。隠さないどころか継承する。リスペクトする。
世界に誇る福井の眼鏡職人たちとともにかつて存在したタイムレスな眼鏡を最高の技術で再現していく。
アンチ・トレンド。あるいは、アウト・オブ・ファッション。
数年周期で移ろいゆくトレンドに背を向けて100年後のヴィンテージになることを信じて真摯につくっていく。

                                                            BJ CLASSIC SITEより

 

 

 

 

 

BJ CLASSIC COLLECTION

GOLD LABEL GP503

36,720円

メガネのノハラ フォレオ大津一里山店にございます。