聴力は一般的に40歳ぐらいから衰え始めていると言われています。
年を重ねると誰でも体の機能が衰えるように、耳も体の機能の一部ですから聞く力も衰えてきます。耳からの情報が少なくなると言葉や物音を聞き分ける能力も徐々に低下します。

ひと言に難聴と言っても色々なタイプがありますので、自分の耳と聞こえの状態を知る事が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

日々の生活の中で、聞こえは非常に重要な役割をはたしています。 良好な聞こえは、人と人との会話をスムーズにし、社会生活の輪の中に積極的に入れるようになります。また様々な危険を察知できるようにもなります。

日常生活の中で、次のような場面はありませんか。

 

 

     □ 相手の話を聞き返すことがある。    

                                  

  □ 話し相手が正面を向いていないと聞き取りにくい

 

  □ 会議や集会などで話が聞き取れないときがある。

                

  □ 携帯電話の呼び出し音に気付かないことがある。

 

  □ 周囲の人の話がモゴモゴとはっきり聴きとれない。

                  

  □ 家族で見ているテレビの音が聞き取りにくい。

 

  □ 複数人数の中での会話が聞き取りにくい。 

                        

  □ 背後からの車に気付かないことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聴力の低下(難聴)は、加齢や耳の外傷など、さまざまな原因で起こります。原因によって対処方法も異なります。
難聴は、耳の構造のどこの部分に障害があるのかによって、伝音難聴、感音難聴、混合難聴の3つに大きく分けれます。また難聴の度合いは一般的に軽度難聴、中等度難聴、高度難聴に分けられます。

 

 

伝音性難聴

 

外耳や中耳の損傷や炎症が原因。(耳アカつまりの場合にも起こります)音量を増すことで聞き取りやすくなるので、補聴器の使用が効果的です。

 

感音性難聴

 

加齢や大きな音の聞きすぎによる内耳の有毛細胞の機能低下や、内耳・聴神経・脳の中枢などの感音系の障害が原因です。小さな音が聴き取りにくい、大きな音が響く・ひずむ、言葉が不明瞭などの症状が現れます。

 

混合性難聴

 

伝音難聴・感音難聴の両方の症状が現れます。中耳炎が悪化して内耳が冒された場合をはじめ、いくつかのケースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お客様の耳の形に合わせて作る、オーダーメードタイプで す。マイクロカナルタイプ(CICタイプ)、カナルタイプ、フルサイズタイプ、マイク分離タイプがあります。

 

 

本体を耳の後ろにかけて使用し、音がチューブを通って送られる補聴器です。本体からレシーバが分離した<RICタイプ>は高音質と小型化を実現しました。

 

 

 

補聴器をポケット等に入れ、コードでつながったイヤホンを耳に入れて使用します。

 

 

 

 

 1878年に最初の補聴器を開発して以降、130年以上にわたって技術と経験を積み重ねてきたドイツの医療機器総合メーカー。 高性能・多機能な補聴器を提供しているなど、音響学の最先端を切り開いています。

 

 

 

1940年創業のアメリカの補聴器ブランド。オーダーメイドの補聴器をいち早く世に送り出し、今ではiPhoneなどのスマートフォンとの連動する補聴器を発売するなど、世界的にも最大級の補聴器ブランドとなっています。
 

 

補聴器はご購入後のケアが大切です。 ノハラでは、定期的な音調整やお掃除乾燥ケアを随時承ります。