老視は一般に老眼と呼ばれ、水晶体の柔軟性が少なくなり、近くを見るためのピント合わせの力が弱くなり見えずらくなる眼のことをいいます。私たちの眼は、遠くから近くまで自動でピント合わせができるようになっていますが、眼の中の筋肉の働きが衰えると、遠近のピント合わせの範囲が狭まってしまいます。
実は、ピント合わせの範囲の狭まりは10歳代から起こり、だいたい35歳〜40歳頃から近くの物に対する見えづらさを自覚しはじめます。一般に遠視の方は早く、近視の方は遅く老視に気が付く傾向があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老視対応レンズにはさまざまな種類があります。ライフスタイルにあわせたレンズを選び、見え方・使用方法をご理解いただくことにより、ストレスのない快適な視生活をおくることが出来ます。

 

 

遠近両用メガネは、近くから遠くまで掛けたまま見られます。日常生活での常用メガネとして適しています。 中近両用メガネは、掛けたまま手元が見えて室内が見渡せます。
会議、家事、テレビ、パソコン、趣味などに適しています。
デスクワーク用メガネは、手元の書類だけではなくデスク周りまで見えます。パソコンを伴う事務作業などに適しています。
 

 

ノハラでは、お客様の用途にあわせた様々なレンズを仮枠体験していただけます。お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

遠近両用メガネは度数を合わすだけではなく、日常で想定される動きを実際におこなっていただくことが大切です。遠近両用などの<おとなのレンズ>の見え方・使い方をご確認していただくことにより、お客様とメガネが一体化します。 メガネのノハラ 京都ファミリー店では、店内に専用の遠近両用などの見え方体験ブースを設置しております。