小児治療用眼鏡の保険適用について

 

    9歳未満の子供が使用する眼鏡で 【弱視・斜視・先天性白内障術後】などの治療に必要だと医師が判断し、
    医師の処方した眼鏡を購入した場合に給付が認められます。
    *上記対象眼鏡であるかどうかは、お客様が確認していただき、お客様が手続きをしていただきます。

 

 

条件

  年令 9歳未満
  頻度 5歳未満は、1年に1度、5歳以上は2年に1度。
  支給上限額 36,700円(×1.048)=38,461円
上記金額を上限とした、7割 (または8割=3歳未満)支給されます。

          

                     例1:上限額 38,461円未満の眼鏡を購入した場合 購入金額×0.7=支給額
                     20,000円の眼鏡購入の場合は、20,000円×0.7=14,000円の支給
                     例2:上限額  38,461円以上の眼鏡を購入した場合は、一律 26,922円支給(上限一杯)

 

 

申請手順

 

   1.眼科 医師による 【治療用眼鏡等作成指示書】 などを発行してもらいます。
   2.メガネ店 治療用メガネを作成して、領収書を発行してもらう。
* 領収書の品の欄は”治療用眼鏡代金”、宛名はお子様(本人)名で記入
* フレームとレンズの代金を分けて記入しなければならない所もあります。
* 領収書には【管理医療機器販売業届け出の認可番号】の記入が必要です。
   3.眼科 装具(眼鏡)着用証明書(検査結果)を発行してもらいます。
   4.保険給付窓口 保険適用の申請をおこないます。
療養費支給申請書などの記入、眼科・眼鏡店の書類などの提出
振込み口座番号・印鑑の準備

         

   * 眼科での”治療用眼鏡等作成指示書” ”装具着用証明書”は特に定められたフォーマットはありません。 

        一般的に使用されている【眼鏡処方箋】に治療用眼鏡装用時の視力などの検査結果を記入したものでよい場合があります。

   * 保険給付窓口とは、社会保険事務所、区役所(国保)、健康保険組合などです。
   * 領収書を発行できるメガネ店は 【管理医療機器販売業の届け出をしている眼鏡店】となっています。