技術の進歩によって、耐久性があがったメガネ。
しかし雑に扱ってしまうと、キズなどで見え方に不具合が生じてきます。
理想的なメガネのお手入れ方法や、レンズを拭くときの注意点、保管方法などについてまとめました。

 

 

 

正しいお手入れ方法

 

 

正しいメガネレンズの拭き方、知っていますか?
せっかくつくった大切なメガネ。正しいお手入れで毎日気持ち良くメガネを掛けましょう。

 

 

拭き方の手順

 

 

 

水洗い

水道水でレンズ表面の異物を洗い流します。

 

 

 

 

 

 

 

 

水気を押し拭き

ティッシュペーパーで軽くレンズを押さえるようにして水気を拭き取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいな布でレンズ拭き

拭くレンズの外側を持ちながら、レンズをやさしく拭きます。

 

 

 

 

 

 

拭き方のポイント

 

サンドイッチをつまむくらいのやさしい力で。中性洗剤で定期的に洗濯したきれいなメガネ拭きを使いましょう。

 

 

 

 

こういうときはどうするの?

 

レンズにチリやホコリなどが付着している

砂やホコリが付いたままレンズを拭くと、キズを付けることがあります。まずは水洗いをして、ティッシュペーパーで水気を取ってから、レンズ専用のメガネ拭きで拭いてください。

 

 

 

 

 

 

レンズのよごれがひどい

薄めた中性洗剤で洗ったあとに、水洗いをして拭いてください。アルカリ系・酸性の洗剤は、コートがはがれる原因となるので使用しないでください。

 

 

 

 

 

メガネが濡れた

メガネ拭きですぐに拭いてください。そのまま放置すると、レンズに付いた水あとがシミのようになって取れなくなります。また、フレーム部の濡れは金属部のサビや、樹脂の変色・変質の原因となります。

 

 

 

メガネレンズをキズ付けないお取扱い方

 

きれいに見えるメガネレンズでも、よく見ると細かいキズが……。その原因は、普段のメガネの取扱い方かも。
レンズを拭くときや、保管・持ち運びをするときにはいくつか注意点があります。

 

 

心当たりはありませんか?

 

 

 

レンズを下向きに置いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

引き出しの中に無造作に入れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままポケットやバッグに入れる。

 

 

 

 

 

 

例えば、自動車の表面に付いたキズの大部分は修復できますが、一度付いたレンズのキズは直せません。
知らず知らずに毎日少しずつ付いたレンズのキズ。気づいた時には、「遅かった・・・」という事態を避けるために、取扱い方には注意しましょう。

 

 

                  

メガネの保管方法

 

 

就寝時にメガネをかけていると、レンズやフレームの破損・型くずれの原因になります。寝る前にメガネケースに入れ、手の届くところに置いておきましょう。

 

持ち運ぶときやメガネを使わないときは、メガネケースに入れてください。ポイントは、お手入れをしっかりおこなった後に、布でレンズをくるんでおくこと。防虫剤や洗剤・化粧品・整髪料・薬品などと一緒に保管すると、レンズやフレームの変質・変色・劣化につながります。